かぶ

o0800080013665068782


最近注目を集めるスーパーフードのひとつ

[ワイルドライス]

細長くて黒い玄米のようなビジュアルですが
こちら実はお米ではなく、
北米の湿地帯に群生するイネ科マコモ属一年草木(アメリカマコモ)の種子です。

でもやっぱりなんか
見た目とか名前とかがどうもお米的なので
玄米と比較してみると、

玄米よりも高タンパクで低脂質な上に
ビタミンEと葉酸は特に多く含まれています。

わお(・ω・ノ)ノ!

といっても
玄米に比べ値段はだいぶお高いことや、

食感が、
日本人にとっての’お米感’
から遠く離れているとおもわれるので、
常食にするには難しそう(^o^;

気分転換的に取り入れたり、
今回ご紹介するサラダのような感覚で
摂ったりしてみたらいいんじゃないかなー
と思います^^♪



ということで
ワイルドライスを使ったサラダのレシピです。

黒いビジュアルが生きるようにホワイトマッシュルームや蕪など
白い食材と合わせてみました。



ポイントは、
材料を全てボールで混ぜてしまわずに、

白い食材と黒い食材をお皿の上で盛り合わせるようにすること。
そうすると見た目も美しく仕上がります(^_-)-☆


インディアン(ネイティブアメリカン/カナディアン)にとって
ワイルドライスは神聖な食べ物であり、
儀式などで使われているそう
・・・なんて話のネタにもなりそうですね。


先日ワイン会に持参していったところ好評でした≧(´▽`)≦
おもてなし、パーティー、ワインのつまみにどうぞ!
 

 材料
◯4~5人分
・ワイルドライス ── 1合(約120g)
・水 ── 2合(360ml)
・出し昆布 ── 5cmくらい
・パンチェッタまたはブロックベーコン ── 80g
・ニンニク ── 1/2片
・オリーブオイル(炒め用) ── 大さじ1
・ローズマリー(乾)ホール (※フレッシュでもOK!)── 小さじ1/2
・ブラックペッパー ── 少々
・ホワイトマッシュルーム ── 2p(約20個)
・かぶ(根) ── 2玉(240g)
・ホワイトセロリ ── 2~3本
 (手に入らなければオニオンスライスなどで代用してもOK!)
・オリーブオイル ── 大さじ1
・レモンの絞り汁 ── 大さじ1
・塩 ── ひとつまみ
・ベビーリーフ ── 1p
 

 詳しい作り方
 
01

469245_20160605162438817

ワイルドライスは軽く研いでから、2倍量の水で出し昆布と共に炊飯器で炊く。炊き上がったら(米が割れてきます)ざるにあけ、水を切る。
02

469245_20160605162719458
パンチェッタまたはベーコンは、太さ5mmのバトン状にカットする。フライパンに入れてから点火し炒める。こんがり程よく色づいたら鍋を傾け出てきた油を捨て、一度取り出す。
03

469245_20160605163004667

鍋にオリーブオイルと細かいみじん切りにしたニンニクを入れて点火し、香りが立ってきてから、ワイルドライスと➁を加える。
04

469245_20160605163338523

ローズマリーとブラックペッパーも加えて炒めてから、軽く冷ましておく。
※冷蔵庫で冷やしてしまうとワイルドライスが固くなってしまう&脂質が白く固まってしまうので、できれば室温でうちわで仰ぐなどして冷ます。冷蔵庫に入れる場合は長時間入れないようにする。
05

469245_20160605163714722

ホワイトマッシュルームはティッシュペーパーでやさしく汚れを取り、4つに割る。蕪は皮を厚めに剥いてから厚さ3mmの色紙切りまたはイチョウ切りにする。ホワイトセロリは1.5cmの長さにカットする。
オリーブオイル、レモン汁、塩ひとつまみを入れて和える。
06
ベビーリーフは水にさらしてしゃきっとさせてから水気を切っておく。
07


IMG_2196

器にベビーリーフを敷いてから、⑤と④を盛り合わせる。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇◆ rappleイベントのお知らせ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 22


【自家製フルーツブランデー&サングリアを楽しむ会♪】 

2016年6月12日
START・詳細未定
気になる方はえみぞうまで直接お問い合わせ下さい(*^_^*)ノ



ーーー(=´∀`)∀`=)ーーー

杉並区高井戸
家庭料理専門のお料理教室
ヘルシークッキングサロン
 rapple

管理栄養士 さとうえみ

お問い合わせ:
emi.rapple0707あっとgmail.com
 ※あっとを@に変えてください
 ※@gmail.comからのメールが受信できるようドメイン指定をご確認ください。

 
☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆
 
【rapple無料メルマガ始めました】
お料理教室やイベントが気になる方、
お料理レシピが欲しい方
ぜひご登録ください(^_-)-☆
merumagabanaaa

ヘルシークッキングサロンrapple
レッスンのご予約はこちらから
RESERVA予約システムから予約する



更新通知がラインに届く♪↓







o0800080013588866404

この時期美味しくなる根菜類をたっぷり使った具だくさんスープ!
温まりますよ(^_-)-☆

ポイントは豆乳を入れるタイミング。最後の最後で入れましょう。

野菜くずを有効利用して作る’簡単お野菜ブイヨン’をとりました。
おいしくてエコ!ぜひ試してみてください☆

コンロの都合やお急ぎの時など、別鍋でブイヨンをとれない場合は固形ブイヨンを多めにしてください。
 

 材料
◯4~5人分
・鶏むね肉 ── 1枚(350g)
・塩 ── 小さじ1/2
・胡椒(ホワイトペッパー) ── 少々
・人参 ── 1本(150g)
・玉ねぎ ── 1個(170g)
・かぼちゃ ── 1/4玉(450g)
・さつまいも ── 小さめ1本(200g)
・かぶ(葉つき) ── 2株(360g)
・エリンギなどのキノコ ── 1P(100g)
・無調整豆乳 ── 600ml
・塩 ── 適量(小さじ1/2~)
・■野菜ブイヨン
・↑の人参・玉ねぎの切れ端や皮など ── (玉ねぎは身も少々入れる
・セロリ ── 5cm
・ローリエの葉 ── 1枚
・タイム ── 少々
・水 ── 1.2L
・固形ブイヨンの素 ── 1/2個(2.3g)
 

 詳しい作り方
 
01

1202700

■野菜ブイヨン 簡単ver.
 水に野菜くず・セロリ・ハーブを入れて火にかけ、ことこと弱火で20~30分煮込んでから、ざるで漉す。
02

1247168

ブイヨンを煮込んでいる間に具材を用意しましょう。
エリンギ厚さ1cmの輪切りにし、油を引いたフライパンで両面を軽くソテーする。(エリンギは食感を楽しむキノコ。こうすると、ホタテのような食感になります。)
03

1257409

鶏肉は一口大にカットし、塩コショウをして揉み込み下味をつける。
熱したフライパンに入れ軽く炒める。
04

1273216

乱切りにした人参、くし切りにした玉ねぎも加え中火で炒める。焦げ目がつかないよう火加減に注意する。
05

1289848

蕪の根は緑の部分をすこし残して皮を厚めに剥き、くし切りにする。(ものによっては皮を薄くむいても筋っぽさがのこらずおいしくいただけるものもあります。少し食べて確かめてみましょう。)葉は4~5cmに切る
06

1303432

④を深めの鍋に移し、さつまいも、南瓜、お野菜ブイヨンと固形コンソメを加え火にかける。
沸騰したら蕪の根も加えしばらく煮込む。
07

1334383

竹串を使って具材に火が通ったか確認してから、蕪の葉・豆乳を加え軽く温める。塩で味をととのえる。
08

完成!
お皿をお湯で温めてから盛り付けると冷めにくいですよ^^





☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆

【rapple無料メルマガ始めました】
お料理教室やイベントが気になる方、
お料理レシピが欲しい方
ぜひご登録ください(^_-)-☆
merumagabanaaa


レシピ専用ブログ(人´∀`)♪


インスタ
に作業工程などアップしています(*^^*)


家庭料理専門のお料理教室
ヘルシークッキングサロンrapple
レッスンのご予約はこちらから
RESERVA予約システムから予約する



ーーー
(=´∀`)∀`=)ーーー

杉並区高井戸
家庭料理専門のお料理教室
ヘルシークッキングサロン
 rapple

管理栄養士 さとうえみ

お問い合わせ:
emi.rapple0707あっとgmail.com
 ※あっとを@に変えてください
 ※@gmail.comからのメールが受信できるようドメイン指定をご確認ください。

 




o0800080013349380922


明治さんの、北海道十勝贅沢スライスチーズ かおり濃厚パルメザンブレンド

を使用したキッシュです(*^^*)

本場のパルミジャーノ・レッジャーノチーズはとても硬いチーズ。
おろしがねなどを使って粉状にして使うのが一般的です。
ちょっと値段は高めですが、風味や旨味が濃厚なので、たくさん量を使わなくてもチーズの存在感がしっかりと出すことができます。

パルメザンチーズは、パルミジャーノ・レッジャーノ風チーズのことを言います。
こちらのパルメザンブレンドは、豊かな風味はそのままにスライスチーズに化してあるので、
いかにもチーズのせましたー♪
っていうわかりやすいチーズ感をどーん!出せるのがメリットですね!

フィルムをはがしてのせるだけでいいので、
扱いやすいのも嬉しいですね(^^)



キッシ生地には、オランダ産の雑穀ブレンドを一部使用しました。
(富澤商店さんの製パンコーナーに売ってます☆)
今年のえみぞうキッチンは、毎日でも食べたくなるような、バター少なめの軽めのキッシュを研究しております^^
こちらの生地は、ブラウン雑穀萌えしちゃうヘルシー志向の方にも、そうでもない人にも、食べやすい生地だとおもいます((o(´∀`)o))
お試しあれ-♪


分量は、 19cmと12cmのタルト型それぞれ一台(計二台)できる量です。
 

 材料
◯タルト型19cm12cm
・薄力粉 ── 60g
・強力粉 ── 60g
・マルチシリアル(富澤商店) ── 30g
・無塩バター ── 20g
・牛乳 ── 50g
・塩 ── 小さじ1/2
・ドライイースト ── 3g
・蕪(葉つき) ── 3株(580g)
・マッシュルーム ── 1パック(120g)
・ベーコン ── 80g
・塩 ── 少々
・ブラックペッパー ── 少々
・*卵 ── 3個(180g)
・*生クリーム ── 100ml
・明治贅沢スライス パルメザンブレンド ── 3~4枚(60~80g)
 

 詳しい作り方
 
01
牛乳とバターを耐熱容器に入れ電子レンジで軽く加熱し人肌程度に温める。合わせてふるっておいた粉物を軽く混ぜあわせてひとまとまりにし、室温で約30分(冬場はやや長めに!)置く。
オーブンを180度に予熱しておく。
02


その間に具材を用意する。
蕪は厚めに皮を剥いてから厚さ3mmの半月切り、葉は(全部だと多いので半量使いました)5mm、マッシュルームは4mm、ベーコンは7mmにカットする。
まずベーコンを炒め、他の具も投入して軽く炒める。塩コショウで若干強めに味付けする。火からおろし、粗熱をとる。
03


①の生地をめん棒で薄めに伸ばし、タルト型に沿わせて端を落とす。
または…↓
04


生地がふわっとしているので、タルト型の真ん中に生地を置き、真ん中から端に向かって親指でうにゅうにゅうにゅっと押して生地を広げていく方法もあります。
めん棒がない方や洗い物減らしたい方におすすめのやり方です^^
05


キッシュの基質となる*をボールに合わせる。
型に②を均等に敷き詰め、
天板に置いてから(←ここポイント!)、*をゆっくりと流し込む。
明治北海道十勝贅沢スライスチーズ かおり濃厚パルメザンブレンドをカットまたはちぎってのせる。
06


予熱しておいた180度のオーブンで40~50分焼く。
焼きムラ防止のため、途中前後を入れ替える。
おいしそうな焼き色がついたら完成(人´∀`).☆.。.:*・゚
 



家庭料理専門のお料理教室 
ヘルシークッキングサロンrapple 
レッスンのご予約はこちらから
RESERVA予約システムから予約する


インスタはじめたぞう(・∀・)

https://instagram.com/emiz0696 

ランキング参加中♪

おもてなし




↑このページのトップヘ